なぜ高血圧になるのか?

高血圧の原因はなんでしょうか。

ご存知のように血管に高い圧力がかかっていることを高血圧といいます。

この状態が長く続くと血管は弱くなり心臓は心臓肥大のリスクが高まります。

そんなリスクがあるにも関わらず心臓は、なぜ強い圧力をかけるのでしょうか?

少数の二次性高血圧症を別にすると、大半は、「血液がドロドロ」になっている。

もしくは、コレステロールなどで「血管が細い」状態になっていることが考えられます。

つまり心臓は、強い力で血液を押し出さなければ、体全体に血液を行き渡らせられない異常な状態ということです。

では、なぜ「血液のドロドロ」や「血管が細い」状態になるかを考えてみましょう。

この原因といわれているのが、食べ物、タバコ、アルコール、水分不足、運動不足、ストレスです。

要約すると食生活、運動、精神面の3つ。中でも特に気をつけたいのは、食生活です。

これは、毎日のことですから、非常に重要です。なぜなら、食生活が悪いと運動面や精神面にも悪い影響が出てくるからです。

高血圧にはどんな食生活が良いのか?

しかし、「食生活といわれても、何をどのように気をつければ良いのかわからない」とか、「食生活には、塩分を控えるなどの改善をしているけど効果がない」などでお悩みの方もいらっしゃると思います。

そこで、血圧改善の食事法では、テレビや新聞・医療関係の雑誌などに掲載されるほど高い評価を得ている「藤城式食事法」を以下にご紹介します。

また、運動が苦手な方は、「血圧を下げるストレッチ」を取り入れると良いです。

「寝たきり」になる最大の要因

寝たきりになる最大の要因は脳卒中だといいます。

脳卒中を引き起こす原因は、動脈硬化。

では動脈硬化はどうして起こるのか。

それは高血圧が原因となり引き起こされるのです。