高血圧の人はどんな食事が良いですか?

高血圧になると塩分を控えるようにと聞いたことはありませんか。

で、実際に塩分を控えて血圧はさがりましたか?

下がらなかったという人は、まだ古い知識による食事療法をしかご存知ないのかもしれませんね。

もし、食事に気を付けているのに高血圧が改善されないなら、あなたの食事療法を疑ってみることが必要です。

例えば、「塩分を控えてください」「塩分の取り過ぎは血圧を上げるのです」と教えられませんでしたか?

実はこれ、半分正解で半分不正解なんです。最新の研究では、食塩を多くとっても血圧が上がらない人(食塩悲感受性)もいることがわかってきたのです。

その数はなんと日本人の50%です。

つまり50%の人にとっては、いくら塩分を控えても高血圧の改善にはならないのです。

(NHKの「ためしてガッテン」でもこの「食塩悲感受性」が取り上げられました。)

減塩より、もっと重要なこととは?

以下でご紹介する「藤城式 高血圧改善 食事法」には、そうした最新の改善方法が盛りだくさんご紹介されており、たった3日間で改善がみられた方が多い驚くべき食事法です。

値段は、市販の本やDVDより高めに設定されていますが、「藤城式 高血圧改善 食事法」は、他のものと比較することができないほど安い買い物になります。

それは、今後、病院などの治療費が不要になってくるからです。

また、市販の本やDVDと違い、万が一、効果が出なければ「安心の全額返金保障」が付いています。

つまり0円

高血圧が改善されなければお金が返ってくるということです。

内容に自信がない高血圧食事療法なら全額返金保障など当然出来ませんよね。

もし、あなたが本気で高血圧の改善を望むなら、今すぐお試しください。今ならお得な特典も付いています。

高血圧を放置しておくと・・・

ご存知のように、血管に強い圧力がかかる状態が高血圧です。

 

高血圧と腰痛

 

多くの人が経験するのが腰痛ですが、特に高血圧の人に腰痛が多く見られます。

なぜなのでしょうか。それは高血圧が血液の病気であるためです。

ご存知のように高血圧は悪い食生活や運動不足により血液に粘りができている状態です。

血流が悪い状態。つまり決液がサラサラと流れない状態は腰に疲れがたまる原因のひとつなのです。

改善方法として食事療法は当然必要ですが、睡眠中の腰痛ケアも大切です。

睡眠は長時間同じ敷布団の上にいるため、どんな敷布団で寝るかにより血流が変わるからです。

腰痛の人は腰痛対策用の敷布団に変更した方が良いでしょう。