寝たきりになる最大の原因は?

寝たきりになる最大の要因は脳卒中だといいます。

脳卒中を引き起こす原因は、動脈硬化。では動脈硬化はどうして起こるのか。

それは高血圧が原因となり引き起こされるのです。

もっと言えば、脳卒中は、高血圧によって引き起こされる合併症の一例にすぎず、心臓や腎臓、目などの体のあらゆるところに重い病気が発症する危険を秘めています。

この合併症の危険から命を守るためには、早急に血圧を下げる必要があります。

そこで、血圧を下げる一番手っ取り早い高血圧対策として血圧の薬(降圧剤)を飲むことになるのです。

しかし、高血圧の薬は、あくまでも一時的に血圧を下げるだけの役割。

つまり、薬で高血圧そのものが治ることはないのです。

薬の危険性

また、高血圧の薬(降圧剤)は、目や脳、腎臓などに副作用が確認されています。

従って、薬を飲み続けることは、理想的な治療からは程遠く、しかたなく薬物療法を行なっているだけなのです。

この薬物療法から抜け出すためには、自分で高血圧を改善するしか手立てはありません。

高血圧は生活習慣病。薬を一生飲み続けないためには、生活習慣を変えることなのです。

そこで当サイトでは、薬を飲みたくない人に、自宅でできる改善方法をご紹介します。

ここでご紹介する改善方法は、本屋などで買う本よりも値段は高いですが、実践的で効果を感じる方も圧倒的に多い高血圧対策です。

特に、「藤城式食事法」は改善する自信がなければ付けれれない100%全額返金保障が付いています。

一番良い高血圧対策は、食生活を変えること。
貴重な人生。健康な体で楽しみましょう。

高血圧は自然に治ることはありません。むしろ、加齢とともに発症頻度が増えていくため、放置しておくとますます悪化する恐れが強くなってしまいます。

生活習慣を改善しない限り、大きな病気になるか、一生高血圧と付き合うことになってしまうのです。

貴重なあなたの残りの人生。病気のない健康な体で日々を楽しめるように、当サイトがお役に立つことを祈ります。

高血圧の人はどんな食事が良いですか?

高血圧になると塩分を控えるようにと聞いたことはありませんか。

で、実際に塩分を控えて血圧はさがりましたか?

下がらなかったという人は、まだ古い知識による食事療法をしかご存知ないのかもしれませんね。

もし、食事に気を付けているのに高血圧が改善されないなら、あなたの食事療法を疑ってみることが必要です。

例えば、「塩分を控えてください」「塩分の取り過ぎは血圧を上げるのです」と教えられませんでしたか?

実はこれ、半分正解で半分不正解なんです。最新の研究では、食塩を多くとっても血圧が上がらない人(食塩悲感受性)もいることがわかってきたのです。

その数はなんと日本人の50%です。

つまり50%の人にとっては、いくら塩分を控えても高血圧の改善にはならないのです。

(NHKの「ためしてガッテン」でもこの「食塩悲感受性」が取り上げられました。)

減塩より、もっと重要なこととは?

以下でご紹介する「藤城式 高血圧改善 食事法」には、そうした最新の改善方法が盛りだくさんご紹介されており、たった3日間で改善がみられた方が多い驚くべき食事法です。

値段は、市販の本やDVDより高めに設定されていますが、「藤城式 高血圧改善 食事法」は、他のものと比較することができないほど安い買い物になります。

それは、今後、病院などの治療費が不要になってくるからです。

また、市販の本やDVDと違い、万が一、効果が出なければ「安心の全額返金保障」が付いています。

つまり0円

高血圧が改善されなければお金が返ってくるということです。

内容に自信がない高血圧食事療法なら全額返金保障など当然出来ませんよね。

もし、あなたが本気で高血圧の改善を望むなら、今すぐお試しください。今ならお得な特典も付いています。

高血圧を放置しておくと・・・

ご存知のように、血管に強い圧力がかかる状態が高血圧です。

 

高血圧と腰痛

 

多くの人が経験するのが腰痛ですが、特に高血圧の人に腰痛が多く見られます。

なぜなのでしょうか。それは高血圧が血液の病気であるためです。

ご存知のように高血圧は悪い食生活や運動不足により血液に粘りができている状態です。

血流が悪い状態。つまり決液がサラサラと流れない状態は腰に疲れがたまる原因のひとつなのです。

改善方法として食事療法は当然必要ですが、睡眠中の腰痛ケアも大切です。

睡眠は長時間同じ敷布団の上にいるため、どんな敷布団で寝るかにより血流が変わるからです。

腰痛の人は腰痛対策用の敷布団に変更した方が良いでしょう。

血圧の治療方法

高血圧といってもいろいろあります。

たとえば腎臓病や内分泌系の疾患により高血圧が引き起こされる「二次性高血圧症」と、原因が特定できない「本態性高血圧症」とがあります。

高血圧の原因が特定できる「二次性高血圧症」については、西洋医学である病院が力を発揮します。

血圧の上がる原因となっている病気を治療すれば血圧が下がるからです。つまり、「二次性高血圧症」に対しては病院は心強いのです。

しかし、90%以上の高血圧は、原因が特定できない「本能性高血圧」なのです。

原因がわからなければ西洋医学では治すことができず、一時的に血圧を下げるだけの薬物療法となります。

結局、治ることなく一生、薬を飲み続けることになってしまうのです。

つまり、あなたが「本能性高血圧」ならば病院はあてになりません。高血圧治療は自分が頼りなのです。

自分でできる血圧治療とは

高血圧は、生活習慣病と呼ばれています。その言葉通り悪い生活習慣の積み重ねで引き起こされる病気のことです。

生活習慣とは大きくわけて「食生活」「運動」「精神」の3つ。特に注意が必要なのは食生活です。

最近では高血圧患者の低年齢化が目立ってきており、食生活の乱れが指摘されています。

そこで、当サイトでは高血圧の食事法を始めとして、厳選した高血圧改善方法をご紹介します。ぜひ、実践して頂き、健康な人生をお楽しみください。

血圧治療は急ごう!
高血圧を放置しておくとなぜいけないのか?

高血圧を放置しておくと、高血圧が原因となり別の病気が引き起こされます。

その病気には、「突然死」や「寝たきり」「失明」など大変重い病気が多いのが特徴です。

そのため高血圧とわかれば、自覚高血圧が全くなくても血圧治療は急ぎましょう。高血圧対策は早めにということです。

高血圧による合併症には、以下のようなものがあります。

●脳に起こる病気/脳卒中
脳出血(のうしゅっけつ)脳梗塞(のうこうそく)、くも膜下出血(くもまくかしゅつけつ)

●目に起こる病気/眼病
眼底出血(がんていしゅっけつ)、網膜静脈閉塞症(もうまくじょうみゃくへいそくしょう)

●心臓に起こる病気/心臓病
狭心症(きょうしんしょう)、心筋梗塞(しんきんこうそく)心肥大(しんひだい)心不全(しんふぜん)

●腎臓に起こる病気/腎臓病
蛋白尿(たんぱくにょう)、慢性腎臓病(まんせいじんぞうびょう)、腎不全(じんふぜん)

●その他
大動脈解離(だいどうみゃくかいり)、大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)、末梢動脈疾患(まっしょうどうみゃくしっかん)、閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)

なぜ高血圧になるのか?

高血圧の原因はなんでしょうか。

ご存知のように血管に高い圧力がかかっていることを高血圧といいます。

この状態が長く続くと血管は弱くなり心臓は心臓肥大のリスクが高まります。

そんなリスクがあるにも関わらず心臓は、なぜ強い圧力をかけるのでしょうか?

少数の二次性高血圧症を別にすると、大半は、「血液がドロドロ」になっている。

もしくは、コレステロールなどで「血管が細い」状態になっていることが考えられます。

つまり心臓は、強い力で血液を押し出さなければ、体全体に血液を行き渡らせられない異常な状態ということです。

では、なぜ「血液のドロドロ」や「血管が細い」状態になるかを考えてみましょう。

この原因といわれているのが、食べ物、タバコ、アルコール、水分不足、運動不足、ストレスです。

要約すると食生活、運動、精神面の3つ。中でも特に気をつけたいのは、食生活です。

これは、毎日のことですから、非常に重要です。なぜなら、食生活が悪いと運動面や精神面にも悪い影響が出てくるからです。

高血圧にはどんな食生活が良いのか?

しかし、「食生活といわれても、何をどのように気をつければ良いのかわからない」とか、「食生活には、塩分を控えるなどの改善をしているけど効果がない」などでお悩みの方もいらっしゃると思います。

そこで、血圧改善の食事法では、テレビや新聞・医療関係の雑誌などに掲載されるほど高い評価を得ている「藤城式食事法」を以下にご紹介します。

また、運動が苦手な方は、「血圧を下げるストレッチ」を取り入れると良いです。

「寝たきり」になる最大の要因

寝たきりになる最大の要因は脳卒中だといいます。

脳卒中を引き起こす原因は、動脈硬化。

では動脈硬化はどうして起こるのか。

それは高血圧が原因となり引き起こされるのです。